FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告媒体を選ぶ一つの基準

現在、WEB媒体も様々なものがあり、

どの媒体を選んで良いのか難しいところがあります。


数年前は、媒体に力があって集客に結びついていた広告も

今では反響が著しく低下し集客出来なくなった。


それとは逆に、数年前は、全く反響が無かった媒体でも

現在は、集客に結び付く反響が得られる


知名度が高い広告媒体であっても、

進化しない広告媒体は淘汰されるでしょう

また、新しい媒体であっったとしても、

時代と共に変化していくユーザーニーズに応えられるようなものであれば十分生き残っていくでしょう


それでは、どのように判断したら良いのか?

様々な感情移入を無くして判断しないといけません。


①その広告媒体は人気があるのか?(アクセスがあるのか?)

②ユーザーがリピートする仕組みを考えているか?

③実来店するお客様がその媒体を使用しているか?



最低限上記3つの要素は押さえておきましょう。


まず、③に関してですが、

しっかりとお客様から聞き出す工夫をしましょう。

店舗のホームページからお客様が回答出来るようにするなり

来店のお客様から直接アンケートなどを取るなりしてみてください。


②に関しては、難しい事はあまり考えずに、

あなた自身がお客様になったとして(実際利用してみる)何度もそのサイトを利用するかどうか?

で判断してみてはいかがでしょうか?



最後に、①に関してですが、アクセスの実数値は広告媒体自身しか

わかりませんが、ある程度の指標になり得るものなら存在します。


アレクサインターネット http://www.alexa.com/


ウェブ巡回技術を使って、ウェブサイト情報や利用状況に関するデータを集め、

ウェブサイトがどれだけの人に見られているかを調査すること。

alexa.comでは、
ドメインの
アクセス量(トラフィック)や
訪問者数、
1回の訪問あたりの閲覧ページ数など

を表示できる。

また、Alexa InternetはWayback Machineのデータ提供元でもある。(ウィキペディア参照)


アレクサインターネット内の検索窓に調査したいホームページのURLを

貼り付けますと、調査サイトの、

世界ランキング、
日本国内ランキングが

表示されます。

これらを一つの参考数値として、それぞれの広告媒体を一度調査してみてください。

私自身の見解としてですが、

アレクサインターネットの数値は、完璧だとは思っていません。

ただ、テレビの視聴率と同じ原理ですので、十分参考にはなると思っています。


ご存じなかった方は一度試してみてはいかがでしょうか?



今日も最後までお読みいただき有難うございます!



ブログランキングのご協力ををお願いいたします。


マーケティング・経営 ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
プロフィール

森 慎教

Author:森 慎教
こんにちは、森です。

私は約10年前に風俗店の新規立ち上げにかかわり
6年で年商60億円、店舗数20店舗まで
拡大した実績を元に

現在は
様々な風俗店様の経営コンサルティングのご依頼に対応しております。

風俗店様各店において、
エリア、業種、規模など様々な要因が絡み合い
成功させるためには完全にオリジナルの成功へのシナリオが必要です。


このブログでは風俗店様に

必ずお役にたつと自負する内容を

配信しておりますのでご参考にしてください。

ご質問・ご意見はこちらまで
support@fuuzoku-consul.com
お気軽に

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。